本文へジャンプ
新規入会について
スマートフォン サイトは、こちらへ
更新履歴

Give & Take

繊維にまつわるすべての業界が真に技術的な問題を話し合い、また、究明する場

ATTSの活動内容
『ATTSレポート第164号「会長を仰せつかって」より(抜粋)』
                       会長 牛田  智
 ATTSの最大の特徴は、繊維に関わる様々な方が、業界の枠を超えて繊維製品等の品質問題について、技術的見地より調査・研究及び情報交換が行われていることです。特に分科会活動では大きな成果があがり、蓄積されてきています。現在も活発に活動が進んでいますが、繊維製品の品質・性能に関する問題など、テーマとすべきものは、新たなものが常に発生してきます。今後も分科会活勤がさらに盛り上がり、その成果があがり、会員さらには業界に活用されることが望まれます。
 ATTSの会員は企業・団体ですが、そこに所属している方が活動をしてこその会です。単に情報を収集したり交換しあったりというだけではなく、自らの実験・試験・研究によりしっかりとした裏付けを持ったデータを生み出しているということにATTSの大きな存在価値があると思います。どなたも日頃の業務に追われる状況の中ではあるでしょうが、会員の企業・団体に所属されている多くの方が、一方的に情報を得るだけではなく、アクティブに会に関わっていただきますようお願い致します。若い方は、経験豊富な先輩の知見に接することができますし、業界を越えての横の交流・情報交換を図ることもできます。上司の皆様に是非若い方にATTSに参加する機会を作っていただきたいし、若い方は自ら進んで参加を申し出ていただきたいと思います。そして、会の運営そのものにも携わっていただきたく思います。
 ATTSの活動は関連業界のためだけあるのではありません。多くの一般の生活者の利益にもつながるものです。そのことを常に念頭に置きながら、今後もATTSがますます重要な役割を担っていくことを期待致します。

ニュース・更新情報 (下線部分をクリックすると詳細をご確認いただけます)

<ご案内>

ATTS設立40周年記念大会専用ホームページを開設いたしました。来年の
2月27日に大阪産業創造館で実施予定です。内容は、メイドインジャパンブームを取り上げた特別講演とこの10年間の研究活動について詳しくご紹介します。あと、参加者全員に、ATTS過去10年の研究活動内容とATTS試験法を特別にまとめた40周年記念誌もお渡しします。懇親会は最寄り駅である堺筋本町駅付近で開催します。会員以外の一般の方もご参加いただけます。記念大会の詳細や申し込みは、ここをクリックしてご覧ください。
●40周年記念大会と同様の内容(過去10年の研究活動内容などの一部のみ)で、第217回繊維製品技術研究会(東京大会)を2017年3月8日(水)10時~17時
江戸東京博物館にて開催予定です。詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。
●ATTSでは、新JIS取扱い表示に関連して、様々な研究と調査を行ってきました。そのエッセンスをATTS紹介ページでまとめております。新しいJIS取扱い表示を選ぶ際のご参考になれば幸いです。(2016/12/1)


<調査結果>

●ATTSレポートNo.169(2016年10月号)では、衣料品の水洗い研究分科会のデンマーク製5つ穴MA試験布のMA値と課題、新JIS取扱い表示研究分科会の2015年度活動報告が掲載されています。全文は、会員ページにあります。
●ATTSレポートNo.168(2016年7月号)では、ATTS40 周年記念大会の開催に向けて、ピリング研究分科会Ⅰ(関西)の活動報告について、関西情報研究分科会のATTS 試験方法の書式の統一について、新しい取扱い表示に関するミニ情報(自動WEBリンク付)が掲載されています。
●ATTSレポートNo.167(2016年5月号)では、関東情報研究分科会の活動に参加して、およびニッセンケンのISO18184-繊維製品の抗ウイルス性試験方法についてが掲載されています。
●ATTSレポートNo.166(2016年2月号)では、ATTS企業見学会記や皮革・毛皮の特性と苦情事例についてが掲載されています。
(2016/10/15)


<新着情報>

行事予定に、関西ファッション連合の「繊維・ファッション業界の進むべき方向性~繊維・ファッション業界の課題と対策~(12/13)」を掲載しました。
繊維製品消費科学会の「実践アパレル講座「快適性」入門-温熱生理の基礎と商品開発の手法を学ぶ-(12/1)」、「第34回クリーニングに関する情報セミナー 新しい取扱い表示記号で×をつけることに関連させて(12/12、12/19)」,「実践アパレル講座「人工皮革・合成皮革」入門-その構成とポリウレタン樹脂、そして評価方法-(12/21)」、「2017学術ミキサー(2017/1/25)」も掲載しました。(2016/11/28)